スペシャリストの紹介
お問い合わせは
(+65) 6737 8366までどうぞ
お問い合わせはこちらから

Dr Leo Seo Wei は、眼科専門(眼科医、眼科外科医)のシニアコンサルタントです。1996年にシンガポール国立大学の医学部(眼科学)をGold Medal & Book Prizeを受賞して卒業しました。Singapore National Eye Centre、National University HospitalおよびTan Tock Seng Hospitalにて基礎的な専門訓練を実施した後、2000年には王立エジンバラ外科大学(眼科)、さらに2001年には医学修士号(眼科)を取得しました。その後、 Tan Tock Seng Hospitalにて高度専門訓練に従事しました。2004年には王立エジンバラ外科大学のフェローシップ(FRCSEd (眼科))、さらに同年にはシンガポール医学アカデミー(眼科学)のフェローとして同会に入会しました。その他、シンガポールの保健省から「Health Manpower Development Plan」アワードを受賞しました。また米国医師資格試験 (USMLE)も取得しています。同資格を取得後、2つのクリニカルフェローを米国にて修了しています。ACGME (Accreditation Council for Graduate Medical Education)、およびAAPOS(American Association of Pediatric Ophthalmology & Strabismus)認可のクリニカルフェローを、ミシガン大学およびW.K ケロッグアイセンター(アナーバー)にて、Monte Del Monte教授およびSteven Archer教授の指導の下で実施しました。また本フェローシップは、Wright Center for Paediatric Ophthalmology and Strabismus(ロサンゼルス)のDr Kenneth Wrightの指導も受けました。Dr Leo Seo Wei はシンガポール帰国後、Tan Tock Seng Hospital の眼科部門にて眼科コンサルタントとして勤務を開始しました。同病院では「Eye Alignment Clinic & Children’s Eye Centre」の設立に尽力しました。その他、AAPOS用にTianJin Eye Centre Paediatric Ophthalmologyにてフェローシッププログラムにも従事した経験があります。Dr Leoは、開業前にTan Tock Seng Hospitalの眼科部門でシニアコンサルタントとして務めた後、National Healthcare Group Eye Instituteの小児眼科および斜視部門の部門長として勤務しました。その他、シンガポール国立大学の医学部や、Yong Loo Lin School of Medicine(シンガポールの専門学校)のコアカリキュラム、マンチェスター大学の検眼コースプログラム等で講師を務めたほか、KK Women’s and Children’s Hospitalにてゲストコンサルタントに従事した経験があります。
またこれまでに多数の査読付き学術論文を発表している他、アジア太平洋、ヨーロッパ、米国にて国際会議に出席しています。Dr Leoは、教育目的のワークショップに多数参加している他、様々な国際会議にてライブ外科手術を行っています。彼女の研究業績に関する主な受賞歴には、「2004 The Eye Institute-Pfizer Research Prize for Best Original Paper」や「 2010 Annual Meeting of the American Academy of Ophthalmology」等があります。その他、2008年に「Clinical Excellence (EXSA) 銀賞」また翌年2009年には同アワードの金賞を受賞しています。
Dr Leoは白内障手術やレーザー治療、屈折矯正手術(LASIK)など一般的な眼科治療をすべて担当するほか、斜視矯正手術(大人および小児)や、前眼部の症状、屈折障害、学習障がい等を含む小児眼科を専門としています。現在Dr Leoは、Dr Leo Adult & Paediatric Eye Specialist Pte Ltd.のメディカルディレクターとして診療を行っています。またNational Healthcare Group Eye Instituteの小児眼科&斜視部門の前部門長である一方、現在もTan Tock Seng HospitalおよびKK Women’s and Children’s Hospitalにてゲストコンサルタントとして業務を担当しています。
Dr Leoは英語、中国語、複数の中国語方言、日本語、基礎的なインドネシア語を話します。